2006年07月23日

お土産達 from 北の台地

自分用と会社用、そしていつもお土産をくれる同僚には個人的にお土産を用意。頼まれたものもあったので結構な量に。今回はこんなものを買って行きました。

まずは六花亭。バターサンドは定番ですが大好き。マンスショコラは新発売らしく、迷わず購入。このふたつは自分用です。他は個人の好みに合わせてチョイスです。六花亭のお菓子は、詰め合わせでも1コあたりの単価が変わらないので、小分けに買っても損した気分になりません。
六花亭 マルセイバターサンド 10個入 六花亭 マンスショコラ 六花亭 マルセイ チーズ&ビスケット 六花亭 サクサクカプチーノ 霜だたみ 5個入 六花亭 ストロベリーチョコ ホワイト 六花亭 ストロベリーチョコ ミルク 六花亭 モカホワイトチョコレート 5枚入 六花亭 ホワイトチョコレート 5枚入

次にROYCE(ロイズ)。生チョコは同僚からすべて会社に送るよう頼まれました。私が出社する頃届くでしょう。もちろん私も食べます(笑)。バトンクッキーは女ばかり100人以上もいる職場に安く持っていけるため選んだお土産。最後の詰め合わせは、帰ってきてからこんなのもあるんだー☆ と知りました。。
ロイズ 生チョコレート マイルドカカオ ロイズ 生チョコレート ホワイト ロイズ 生チョコレート ビター ロイズ 生チョコレート オーレ ロイズ 生チョコレート シャンパン バトンクッキー ココナッツ&ヘーゼルカカオ詰合せ ロイズ 店長のお気に入りセット [ロイズ/北海道銘菓]

そして定番の・・・
白い恋人54枚入りスノーベル とうきびチョコ 60個入

北海道のお菓子達、たくさん入って良心価格。その上おいしいから大好きです。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

北の台地 初日 〜34℃の道央で火傷〜

4時起床。眠ーい!!
でもしっかり起きて出かけます。

早朝の蒲田は人が少なくとても閑静な街です。
日中や夜と同じ街とはとても思えません。。

ゆうパック発送の為Famiポートを使いに行ったら"メンテナンス中"
待っていたら飛行機に間に合わない!ということで、Loppiで手続。
無事発送完了☆
朝ゴハンも調達しました。。

羽田には余裕の到着。搭乗手続を済ませていざ空の旅へ!

今回は初めてスカイマークに搭乗。
予約は片道ずつ、ドリンクや軽食などの機内サービスほとんどなし、マイレージ対象外、けれど安い。
各々が食事や飲み物などを持って搭乗するスタイルです。不要なサービスをされて高いお金を払うよりいいかな。

0645 羽田出発。のはずが、搭乗手続を済ませた乗客の緊急キャンセルが発生。荷物を下ろしたりなどに時間がかかり、離陸時間は0742!!!
やむを得ない事情があるのかもしれないがとても迷惑な話。しかもお詫びがほとんどない。普通は搭乗が遅れれば、事情の如何を問わずなんらかのクーポン券をくれたりするんだけど。安いからそれもないってこと?安いからって何でも許されるわけじゃないと思うんだけどな。この遅れのせいで、あとの予定がだいぶおしちゃったんだよねぇ・・・(-_-#

0858 新千歳到着。目的のバスが2分前に出発したばかりで30分以上空く。飛行機遅延も含め90分以上のロス。
空港併設の薬局やコンビニ、レストランなどを巡っていると、小さな牛乳ビンに入ったプリン発見☆ まよわず購入! 甘くておいしい(*^o^*)

0955 バス乗車。目的地に向かいます。。

苫小牧イオンに寄って所用を済ませ、日通に愛車を受け取りに行きます。
今年から受渡場所が変わったらしく、日通さんに現場まで送って頂きました。

1150 やっと北海道周遊が始まります♪



(つづく)
posted by あい at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

北の台地 前夜

Seesaaメンテ以来、ページ違反が続出で日記をなかなかアップできません(泣)。この記事をアップするだけで10回以上発生です。。

朝から浮き足立っていました。
だって明日から夏休みですもの♪♪

昨年に引き続き、今年も北の大地に飛びます。
全8泊9日の肯定で、宿泊地は
帯広 → 屈斜路湖×2 → 知床 → 網走 → 富良野×2 札幌
で、帯広・網走・札幌は初。他は昨年お世話になった宿です。。

17時退社で蒲田へ。
昨年は12時間勤務のシフトを組まれて泣きが入っていたところ、後輩の助言と上司の協力で10時間(19時過ぎ)退社することができました。今年は昨年の教訓を活かし、コナミ用の17時シフトを旅行前日に組みました。コナミ計画が懸念されましたが、ここ1年で一番パーフェクトなスケジュール。ラッキーでした(^o^)

しかし、相方より業務都合で遅着との連絡が。
銀座に立ち寄って所用を済ませ、Woman.excite CAFEで豆乳ティーをたしなみながらネットめぐり。豆乳と紅茶の組み合わせを思いつくなんてと目からウロコ♪まろやかな豆乳と香り高い紅茶が意外にマッチングの逸品。創作料理好きの私もこんな組み合わせは思いつかなかったわ。味はあっさり上品で、ガムシロ入りでもなしでも美味♪自宅でやるなら、ミルクと紅茶のバランスもお好みでできていいわね!

相方より退社の連絡が入り、蒲田に向かいます。。

蒲田でも若干待ち。けれど、パリオめぐりです。めぐるって言っても、ファンケルショップでドリンクを飲んで体脂肪と骨量を測定。コナミだと通常20%を超えている体脂肪が、ここでは18%台!どっちが壊れているの(笑)!?骨量は1.97kg。体格の割にはどちらもいい数字みたい♪

と、かれこれ彷徨っているうちに相方登場☆
IT'S DEMOでは、マコロンちゃんおすすめのキウイ100%ジュースを発見☆ 店で探し当てられなかった逸品にやっと出会えました。濃くて甘くてキウイそのもの味・・・☆ ドリンク2本を調達して夕食へ。。

行き先は餃子の王将。レバニラ半額。炒飯・餃子・ラーメンどれもおいしかったです。かなり満腹になってホテルに向かいます。。

宿泊はフレスイン蒲田。泊まった部屋は12平米の小さな部屋ですが、ひとり\3,000-。evian500mlがもれなくひとり1本ついています。飛行機が早朝便で、不慮の電車遅延に備えて前泊が適切と判断しました。もしもの時の保険みたいなものと思えば安いかも。

明日は朝4時起きだし。。
posted by あい at 23:59| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

台湾旅行初日 〜午前便出発がいいねぇ☆〜 書きかけ

空の旅 出発は9時台☆
エバー航空とエアーニッポンのコードシェア便。機体はエアーニッポンでした。
台湾は今回で3回目。過去2回は夜便で出かけて滞在時間が少なく感じたので、旅行計画を立てているうちから午前便は外せない条件でした。

会社に行く時と同じくらい早起きをして、空港に向かいます。
眠いけど、台湾を長く楽しめるから気分はウキウキです♪

UAのマイレージを貯めることと午前便で出かけることを前提に飛行機を決めたんですけど、エアーニッポンはUAマーレージの対象外でして、カウンターでマイルを貯められないと言われてしまいちょい凹。ANAがUAだから、系列のエアーニッポンでも貯まるだろうと勝手に思い込んでましたが違いました。
台湾行きでマイレージを考えると、ユナイテッド航空だけ。運行は夜便のみ。
「もはや台湾旅行でのマイレージ加算には期待しないと割り切る、または夜便と割り切るかしないといけなそう。チャイナが加盟してくれるとありがたいんだけどなぁ・・・」と思いつつ、現実を受け止めるのみでした(笑)。

ドリンク&スナックサービス、機内食と束の間の仮眠を経て、中正国際空港に到着。入国手続を終えて両替をして出てくると、穏やかそうな添乗員さんが出迎えてくれました。日本語がとっても上手で親切な方です。
送迎バスに乗ると、旅行スケジュールが発表されます。各参加者の復路便&ホテル確認、本日のスケジュール。このあとは免税店によって、無料で円→元に両替をしたり、(販売目的の)お茶をするとのこと。すると、バ○ァ4人組が文句を言い出します。ホテルにチェックイン後に予約している行き先があり、免税店に寄ったり予定のルートで回っていると間に合わないとの指摘。○バァこれによって他のツアー客の楽しい気分が害されたことに気づこうともしません。
そんなことが起こっているうちに免税店到着。いろんなお菓子にカラスミを出されてお茶の試食会。とってもおいしいんですけど、お茶はひいきにしているお茶屋さんがあるので、特に興味が湧かず説明を聞きながら上の空(笑)。。

集合時間。さらにババ○達は途中で降ろせと迷惑なワガママを言い出します。添乗員さんは「必ず間に合うようにします」と約束し、バ○ァ達の為に急遽ルート変更とします。でも他のツアー客に対するフォローは一切なかったです。ババ○達からの謝罪の言葉や申し訳ないという態度ももちろん皆無。○バァの去り際に強烈なヒトコトをお見舞いしてやろうかと思いましたが、そんな私の様子を相方が察してなだめられました。今は(表面上)穏やかにすんでも、おまえらの最期はロクなことにならないぞ。

そんなこんなでホテル到着。まだ夕方前。
今回泊まったのは山水閣飯店。超エコノミーホテルです(笑)。3回台湾に来てますが、どんどんランクが落ちています(笑)(笑)。寝泊まりできて水回りがキレイならあまり気にしないので。どうせ出歩いているからね。

早起きして飛行機&バスで移動してきて少しお疲れ。
軽くお昼寝して、夕刻前に出発!
銀行で両替したお金はお札ばかり。夜市でお札はイヤがられるので、駅で細かく崩します。台湾の電車、MRTの駅には必ず銀行の両替機があり、紙幣⇔硬貨への交換が簡単です。ちょっと重くなりましたけど、夜市に小銭は必須です。。

行き先は士林夜市
夜市巡りには水分不可欠!でも、行きたいお店には大行列!ということで、ここは役割分担。相方が豪大大鷄排 (ハオダダージーパイ)という巨大フライドチキンの店に並び、私は美食市場右端にある自販機へGO!
前回ここの自販機で買った水は半分以上凍っていたので、違う水にしようと思ったんだけど、4台ある自販機で扱っている水は全て同じ。どの自販機で買ったかなど覚えているわけもなく、少しの間自販機の前で固まってしまいました(笑)。けどいつまでも固まってるわけにもいかず、新しめの自販機で水を調達☆これが15元(約52円)。
相方は、まだ行列の中ほどにいました。先に買った人たちが持っていたチキンは、私の手のひらの2倍ほどの体積。これが40元(約140円)です。某ファストフードのFでは、これの半分の大きさで\220します。

チキンの味は・・・んー、おいしいっ☆
八角がちょっぴり効いているところ以外はとってもおいしいです。衣はサクサク、脂がのっているチキンは肉独特の甘味があって大満足☆
ひとりで1コ食べたかったけど、確実に他の料理を食べられなくなるのでやめときました。。




posted by あい at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

バンコク4日目:癒しのスパで姫気分

バンコクで見つけたこんなものあんなもの。。

駅にて。こんな路線の電車があるんです。右写真は一部を拡大したもの。
bts1.jpg  bts2.jpg

ちなみに、都営地下鉄・市営地下鉄のような存在です。地上を走ってますけど。

@バンコク国際空港 搭乗口手前のお土産屋さんにて。。
muaythai75.jpg

一部を拡大。見難いかな。。
muaythainame.jpg
"MUAYTHAI"と書いて"ムエタイ"と読みます。これはムエタイチョコレートです。バッケージはこの2種類です。値段は1箱300BHT(約970円)です。市内では他にもムエタイグッズがたくさん販売されており、ポストカードの写真はまさにムエタイポーズそのものでした。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

バンコク初日:南国の空気

千葉県民でよかったと思う時ー (千葉県民でよかったと思う時ー)
成田空港へ電車1本約40分で行ける時ー(成田空港へ電車1本約40分で行ける時ー)

家を出る時にトラブル発生!
準備していたキャリーケースの上に置いておいた生卵が割れてこぼれており、卵くさくなってますー(泣)。布製なので拭き取っても落ちきらず、出掛ける前に買いにいくことに。。

安くカワイイことで気に入っているのは、コムサイズムのキャリーケース。一番小さいものは\1,000-、大きいものだと小さいスーツケース程度で、\1,500-です。用意していたのは中型ですが、買物をすることを考えて大型を買いました。四街道で下車してイトーヨーカ堂のコムサイズムに行ってきました。
四街道初上陸☆ 駅前は便利です。県庁のある千葉市よりも生活には便利そう。交通渋滞も騒音もなくて住むにはいい環境です。要自家用車風ですけど。
コムサイズムでは目当てのキャリーケースをゲットできました。端っこで荷物を詰め替え、銀行とマツキヨに立ち寄って電車に再び乗りました。。

プチトラブル<生卵>のおかげで、待ち合わせ時間に約30分遅れて空港着。各種手続を済ませ、食事を済ませ、荷物を預け、所用を済ませて時間まで過ごします。。
搭乗ロビーにある海外旅行保険申込機をはじめて利用☆ クレジットカードも現金でも支払ができ、操作も簡単です。けど、事前にネットで加入したほうが安いかな。

現地に合わせて服を替えましたけど、温度差20℃以上に耐えるにはさすがに限度があります(笑)。暑過ぎない程度に服を着ました。。

飛行機は「この時期にこんなにバンコクに旅立つ人がいるんだー!」とオドロキ。3列−4列−3列のエコノミー席はほとんど埋まってました。私たちが着いた3列席の端は空席。荷物置き場にさせて頂き、利用者のいない枕とブランケットを有効活用させて頂きました(笑)。
離陸してほどなくはゲームをしてましたが、飛行機酔いの気配があるため少し寝ることに。。

機内食は、一口サイズの煎餅と飲み物。食事は忘れました(笑)。。

バンコク着は現地時間22:00。空港は異国の香りがしました。現地で送迎してくれる運転手さんとガイドさんと、他に同じツアー会社で申し込んだお客がいましたが、送迎用のワゴン車がいっぱい。人数の関係で、私たちはセダンで送ってもらいました。
気温30℃少々。暑かったです。。

空港から約30分。宿泊はサイアムビバリー ホテル バンコク。コンビニはファミリーマートが至近、セブンイレブンも少し先にあります。
チェックイン後、とりあえずコンビニで水と軽食を調達します。

エレベーター横にあった注意書きがおもしろかったです。
dorian.jpg
果物の王様・ドリアンの持ち込み禁止! 知る人ぞ笑えると思いますが、これの香りは活発な腸の生産物によく似ています(笑)。私はそこまでとは思いませんが、強烈なのは確か。。

軽食しながら明日からのプランニングを確認し、気持ちを躍らせながらも旅の疲れを癒すべく眠りに就きました。。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅に出ます

今日からバンコクに行って参ります☆

帰国は7日早朝の予定です。
国内線・国際線大手で不祥事頻発中(?)某航空会社の飛行機になりました(笑)

昨今のニュースより、会社や家族からは心配されてます。
滞在中もこんなことこんなこともあるらしいし(笑)

エステとタイ式マッサージを堪能し、ホテルのディナーバイキングを堪能し、チャイナタウンで食いまくり、泥棒市場で買いまくり(?)。実はタイ料理が苦手なんですけど、蟹カレーとマンゴータンゴのデザートと、あるある大事典でやってたバジルシードのデザートは絶対食べます。
あと、お肌のターンオーバーを加速する化粧品があるらしく、それは絶対に欲しい(笑)。だって、一昨年のタンニングの跡が未だに残ってますもの、私(爆)

ムエタイを生で観る気になればできそうですけど、どうなることやら(笑)

お土産のリクエストがあれば、本日15時くらいまでに連絡もらえればできるだけお応えしますよ。
posted by あい at 01:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

帰国しました

3泊4日の台湾旅行第2弾より帰ってきました。
プランナーは私でしたが、台北市内の地理を把握しておらず、打ち合わせの際にはルートにだいぶ厳しい修正が入りました。こっちに行ってあっちにいって、次の行き先は最初行ったほうに戻って・・・とか要領が悪かったりしたので(笑)。でも、予定していたところにはひととおり行きました。
今回は、前回の旅行で得た教訓を多少なり活かすことができましたね。
なんせ思いつきで予約したので、夜着午前発という超強行スケジュールとなりましたが、その分濃い内容だったと思います。ちょっとずつ記録していきますね。

今回で海外3回目ですが、空港や海外の施設でパスポートや搭乗券の提示を求められる場面がかなり多いなと毎回思っていたので、パスポートの提示回数を数えてみることにしました。 ※P:パスポート B:搭乗券

【出国時】
1.成田空港駅下車すぐの荷物チェック時。P 
ちなみに見送りなどの人も、空港に入る人に対しては身分証明書の提示を求めていました。たまに持参のない人がいましたが、そういう人に対してはキャッシュカードなど氏名の記載されているものを提示させて確認をしている場面も見受けられました。まさに警戒態勢ですね(笑)
2.搭乗手続(搭乗券受取)時。P 搭乗券を持参の場合はこのタイミングで確認することはないです。マイレージを貯める場合は、ここでクレジットカードの提示をします。

3.荷物検査時。B
4.出国審査時。P・B
5.搭乗時。P・B
6.(現地)入国審査時。P

【滞在中】

7.ホテルチェックイン時。P ホテルによっては帰りの搭乗券を提示したり、搭乗券を帰りまで預かられる場合もあります。
8.金融機関で両替時。P 空港の両替所では不要でしたが、銀行での両替を行う際は必要です。日本では約2年前より全面的に実施されている本人確認法ですが、金融取引を行う上で身分証明というのはもはや全世界において常識なのですかね。

【出国時】

9.搭乗手続(搭乗券受取)時。P 搭乗券を持参の場合はこのタイミングで確認することはないです。マイレージを貯める方は、ここでクレジットカードの提示をします。
10.荷物検査時。P・B ちなみに、荷物検査で引っかかると別途パスポートの提示を求められ、個人情報を控えられます。
11.出国審査時。P・B
12.買物時。P クレジットカードを利用する際に提示を求められました。
13.搭乗時。P・B
14.(現地)入国審査時。P

・・・最低でも10回は提示することになるのですね。海外旅行の際に通用する、唯一の身分証明書がどれだけ重要な存在なのかを再認識しました。。

今回の旅行では、言語コミュニケーションで大変もどかしい思いをしました。そこで得た教訓

・簡単な日常会話程度の英語は勉強しておく
 旅行中は、英語が通じるところが何ヶ所もありました。でも、昔教科書で習ったはずの英単語や文法がいざとなると出てきませんでした。空港やホテルでは、日本語に疎い人に対しても簡単な英語なら通じます。
・簡単な日常会話程度の中国語は勉強しておく
 今回まともに使えた中国語は「謝謝」だけ(笑)。覚えておく必要があるなと覚えた中国語は「挨拶」「数字」「地名」「(ものなどの)名前」。あとの2つに関しては旅行中に目的とするものを覚えればよいと思います。

帰国してから、中国語便利辞典のようなサイトはないかな?と思って調べてみました。以下のサイトで必要な言葉をかなり載せています。次回からの参考ですかね。
実用中国語講座
・・・あちらの漢字って、日本のパソコンで変換および表示されないものがかなり多いんですよ。それを考慮して、漢字をgifで表記してくれてます。ローマ字読みが記載されており、gif画像をクリックすると音声が聴けて発音もわかります。文章で表記されていることが多く、よく使う単語の発音や漢字も同時に確認できてとっても便利です。リンク集がとても充実。
siro's中国語講座with自作パソコン 基本となる事柄に忠実に翻訳してくれてます。

台湾、また行きたいです。中国だと香港も行きたいですね。香港ディズニーランドに行きたい!!オープン以来、園内で現地の方のマナーがとても悪いと評判なので、落ち着いた頃にでも。。
他に行きたい国、たくさんあるんですけど、残念ながらそういうところに限ってお国事情がいろいろあって大変なようです。そしてUS$の国が多いんですね。最近、US$がちょっとずつ高騰してるじゃないですか。もうちょっと$安になったら検討しようかな。
posted by あい at 21:05| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

台湾3日目〜異国語コミュニケーションと豪華ディナー〜

大量に書いたら消えた。超ショック。。。

ちなみに、ディンタイフォン・迪化街に行ったことについて長々と書いてました。

今日の昼間に、某力士が書いているブログのことがテレビで紹介されてました。その力士は、Wordで記事を書いてました。これならブラウザと違って突然消えることはない。次回からはWordで書こうかな。

って、同じ失敗何回やっただろ。両手じゃおさまらないくらいやったハズ(爆)

でも気を取り直して書きました。。


朝から結構予定を詰め込んだ3日目(実質2日目)。

朝食は鼎泰豐(←音楽が鳴るので音が鳴って困る方はクリックしちゃダメ!)。わざわざ混雑する土曜の朝に来たのには理由があります。それは、土日の9:00-10:00限定のメニュー小龍湯包(シャオロンタンパオ)を味わう為!!後輩に教わった情報なのですが、改めてネットで検索すると、どうやら開店30分前の8:30には並んだほうがいいらしい。ちょっとキビシイな・・・でも、そこまでしても出向く価値があるんだろうと思いました。
ホテルの前でタクシーをつかまえ、ガイドブックを指して「ここに行きたい」と言うと、観光客からの要望が多いのか、すぐわかってくれました。結構すぐ着いた気がします。店の前には、すでに何組かの客が待っていました。
この店のシステムですが、まずは注文を取られます。メニューとオーダー表が一覧になったものを渡され、好きなメニューの横に数量を書くとその通りに料理が運ばれます。ちなみに注文する時に知っておいてトクする裏技です。焼売や餃子、小龍包は1つ頼むと10コ入りです。それは多すぎると思う方は、0.5と書くと5コにしてくれますよ。。前回この技をお店のお姉さんに教わりました。
席には開店5分前に着けました。店内は冷房ガンガンで寒い!店(特に飲食店)は空調が効きすぎなので、薄手の上着かはおりものが必要なんだけど、荷物になるからと結局置いていってしまいました。だって外は30℃超えてるんですよ!その差10℃以上!身体に悪いです。荷物になっても持っていくべきです。。 幸い、ホットの茉利花茶を飲み放題なので、それと料理でひたすら寒さを凌ぐ作戦に出ます(笑)
今回頼んだものは、小龍包、蝦ラーメン、小龍湯包・・・と、あとなんだっけかな。帰国後しばらくしてからこれを書いているので忘れました(笑)。食べたかった野菜餃子と蝦餃子、空芯菜炒めは、10:30以降にオーダーして下さいと言われて何か別のものを頼んだのですが・・・
小龍包は肉汁たっぷりであつあつ。変わらぬオイシさです。ラーメンは細麺でスープはあっさり鶏ガラ。食が進みます。ですが、お目当ての小龍湯包は一向に登場せず。他のテーブルには運ばれてきているので、次は私たちかな・・・?と期待しててもなかなか出てきません。もう待てず、店の人に来ていない旨を話すと、忘れられていたみたい・・・(泣)。でも、その後すぐ出てきました!!
まず、スープはラーメンと同じ鶏ガラでした。これにはちとガッカリ。。ですが、小龍包はひとつのせいろに一口サイズが20コ入っています。スープと一緒に早速頂きますと、これが・・・表現できないおいしさです。肉汁とスープが融合して醸し出す新しい味。ジューシーです!! でも、10コすべてをスープとともに食べるのではなく、普通の小龍包みたく醤油で食べたり、素の味を楽しんでもよいと思います。

鼎泰豐では食べる量はほどほどにして、食欲は氷館(ピングヮン)綜合冰(ゾンフービン)の分を取っておきたかったのですが、そこまでの余裕ナシ(爆)。店を後にして、再び迪化街(ティーフォワチェ)へ。運転手さんにはすぐ通じたのが嬉しかったです。発音、本で覚えたんだけどね(笑)
迪化街は、乾物や漢方薬の問屋街です。乾物は、果物・魚介類・茶葉などです。珍しいドライフルーツがたくさんです。例えば、キウイ、スターフルーツ、ジャックフルーツなど。鼎泰豐の限定メニューを教えてくれた後輩に、マンゴーのドライフルーツを買ってくるよう頼まれていたので、いろんな店で試食しました。いちばんおいしいと思った店で購入を決定!価格の札には「1斤120元」と書いてありますが、初めて見る「斤」という単位がどのくらいなのかわからず。お店の人に"How many [1斤]??"と聞くと"Haa-???"と言われます。何度かのやりとりで「1斤=マチなしB5サイズのビニール1袋」であることがわかります。袋の口が閉じるまで詰めて120元(約420円)です。これがものすごい量!!だけど、自分でも食べたいし家族にも味わって欲しい。"Mango one more please"とお願いするとそれは通じ、無事2袋買いました。でも、店のマンゴーは私が9割買い尽くしてしまいました(笑)
大通りを1本越えると、地味な問屋街に突入。こちらは、魚介系の乾物を扱う問屋ばかりが並んでいるみたいです。店先には透明のポリ袋に詰められた乾物が所狭しと並んでいるのですが、最も驚いた乾物は大小さまざまなフカヒレの山積み!!!彼は思わず写真に収めていました(笑)。。
・・・と、いろんな店をみて回っていたのですが、明らかに探し求めているものがなさそうな雰囲気になってきたので、元のメインストリートに戻ることにします。。

今度は反対サイドを歩きます。あるお店の前で、ベリー系のドライフルーツ数種を発見☆ いちごのドライフルーツを探し求めていたので、これはチャンス☆と思いきや、取扱はないそう・・・3店舗目は、ベリー系を数種扱うお店をまた発見しました。ラズベリー、クランベリー、ブルーベリー。ここで彼から「値切ってみれば?」と提案が。自分なりに値切り作戦を瞬時に立て、交渉開始!
まずはベリーの種類を再確認。店の人にラズベリーらしきものを示し"Rasberry?"と訊くと"Haa---???"と言われてしまいます。クランベリー、ブルーベリーについても同じ反応でした。店にちょっとだけ英語をわかる人がいて、なんとか通じました。3種のベリーを1斤に混ぜて入れてもらいます。最初はそれだけにしようとして、他の商品も追加。リンゴとジャックフルーツも発見しました☆りんごは日本で売っているものより厚みがあって味もよりりんごに近いです。でも値段が高い。250元/斤(約875円)。冷静に考えれば、ここは亜熱帯。昨日行った百果園の店先には「青森産ふじりんご」の箱が積んであったっけ(笑)。日本がマンゴーを育てるのに不適だから高く、台湾はリンゴを育てるのに不適だから高いんだよね。けど、マンゴーがりんごの1/2以下ってすごくない!?
あまりに高いのでお金の出し惜しみ(笑)。りんごとジャックフルーツを半斤ずつ購入し、ミックスしてもらって2袋に分けようと思いました。そこで"apple..."と言いかけるとここでも"Haa---???" え?アップルも通じないの!?
一抹の不安がよぎりました。「りんごとジャックフルーツ」を「それぞれ半斤ずつ混ぜたもの」を「2袋に分ける」を言葉で伝えることができるのか!?まず"half OK?"と訊くと、できるとのこと。では"quarter OK??"と訊くと"Haa---?"っと言われてしまいます。そこで彼が助け舟「half half」をジェスチャーを交えて言ってくれたら通じました。そしてめでたく希望どおりに袋詰めしてもらいます。
いざ会計!でも"Discount please??"が通じない。ここでも彼が「おまけして」をジェスチャーつき英語で表現するけれど、それはできないとのこと。自然と口をついた言葉は"oh my go------d!!!"(爆) 店の一角で個装のいちごはあったのですが、1斤をいちごでいっぱいにできるような感じではありません。ダメモトで"strawberry?"と訊くと通じません。ついに紙とペンを渡されます。幸い、いちごを中国語で「草苺」と書くことは知っていたので、渡された紙に「草苺1斤」と書くと、1斤に個装のいちごを詰め始める(笑)!!!慌てて静止し、さっきのベリーの前に戻って説明するも、やはりないとの返答。。

その2軒オトナリのお店。ここにも、個装のいちごが置いてあります。でも、1斤に詰め放題のいちごがない・・・"strawberry?"店の人に訊くとやはり通じず、ここでも紙とペン登場。「草苺1斤」と書くと、前の店と同じことをされそうになり、静止します。
このお店は、ドライフルーツ以外に漢方や茶葉も多く取り扱っていました。で、店内をみているとベリーミックスらしいドライフルーツを発見!!!その中に、いちごに非常によく似たものが混じっているではありませんか!!! 「ねえ、これいちごっぽくない?」という私に頷く彼。ベリーミックスに興味を示していると、お店のご主人が「試食してみて」と言います。そこで迷わず、いちごらしきものを2名で試食(笑)。「やっぱりいちごだよね?」「うん、そうだと思う。これにいちごが使われているってことは、少なくともここにいちごはあるってことだね」と話します。そこで店の人に、いちごだけを1斤欲しいんだと伝えようとします。"blueberry?" "Rasberry??" はなんとか通じたので"straeberry?"といくと"Haa-----?"とまた言われてしまいます。もう一度「草苺1斤」と書くと、また同じ行為に走ろうとするのでまた静止(笑)。ジェスチャー交えて「いちごのドライフルーツだけを1斤に詰めて欲しい」と言うと、今度はピンと来たようで「ちょっと待って」と店の奥へ入っていきました。
戻ってきたご主人が手にしていたのは、ビニールにぎっしり詰まったいちごのドライフルーツ!!! 商品に加工する前の材料状態で、ドライフルーツ同士固まってくっついていますし、見た目はお世辞にもキレイとは言えないのですし、イメージともだいぶ違います。でも、まぎれもなく求めていたものです!!!「これを1斤下さい」と説明すると、不思議そうな顔をされましたが「これでよければどうぞ」という感じで袋詰めしてくれました。いちご1斤、価格は120元(約420円。マンゴーと同価格)。もう思い残すことはありません。超ゴキゲンでお会計を済ませます。小分け用の袋を1袋下さいと説明したら2袋もらえてまた大満足です。
大好きないちごの為に、彼を放置して熱くなってしまった私。いちご欲しさに一生軒目になってしまいました。ほっといてゴメンネ。でも、イヤな顔ひとつせず黙って見守ってくれてありがとう。。

で、ひと仕事(??)終えて思ったのは
「この街、英語が通じない・・・」気づくの遅いか(爆)。
今度この街に来る時は、欲しいものを希望どおりに売ってもらえるように言葉を覚えよう

貴重ないちごのドライフルーツを売ってくれたそのお店は六安堂
このサイト"Simhei"というフォントがないと化けまくります。化けまくるだけでなく、リンクするたびに警告音がなります。日本語版のサイトはないです。。

大きな目的を果たすと喉が渇いていることに気づきます。近くにオープンエアの喫茶店があるのですが、メニューがイマイチ。またすぐのところに、飲食スペースがあるコンビニを見つけて、ティーブレイクします。私はホテルを出る時に持参した水で十分でしたが、彼はビールを頼んでいました。おもしろかったのが「ねえあいちゃん・・・あつかましいお願いなんだけど、いちごをひとつちょうだい」甘いものが苦手なハズなのに、さっきのいちごは気に入ったようです。その意外性と、腰の低さに思わずウケてしまいます。そんなおそるおそる言わなくても、普通に言えばいいのに、そしてたくさん食べればいいじゃん、ね。

外に出ると、厚さと寒さのギャップで彼の体調が芳しくない様子。一旦ホテルに戻って、休むことにします。。
ちょっとだけ昼寝をしたら回復したよう。でもちょっと無理している様子が見受けられたので、不調になったら絶対に言うという約束をしてまたお出かけです。前回行きたかったけど行けなかった三越に行こうということになりました。彼はどうしても買いたいものがあって、それを探しまくるも見つからず。店内にエステがあって、そこにしようかと思ったらフェイシャルがない。現地の無印良品を覗くことも目的で行くと、雰囲気は日本のそれと一緒。と思ったら商品も一緒!!!日本円が表示されている上に、値段シールが張られています。日本円に換算すると、ちょっと高くついています。物価が安いこの地でこの価格は、現地の人にはちょっと高いんじゃないかなぁ。。



posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

台湾2日目〜食いまくり飲みまくり歩き回り〜

台北2日目。朝は早くから行動。8時過ぎにはホテルを出発します。
永和清粥大王に向かいます。MRT木柵線・科技大樓駅から程近いところにあるこのお店で、前回同様お粥と好きなおかずで朝ゴハン・・・の予定だったんですけど、もうすぐだ!という時、電車から見えたそのお店は看板がシックに変わっていてシャッターが下りている様子。店の前まで来るとシャッターが開いているけれど、改装工事を行っている模様。近隣のお粥屋さんも閉まっていたり、同じく改装していたりでお粥の朝食にはありつけそうもありません。開いているお店ではお粥のメニューがないし。。空腹だし途方に暮れかけると名案(笑?)が。台湾のマクドナルドに行こうと思い立ちました。わざわざ台湾まで来てマックかよ・・・と思う人も多いでしょうが、台湾マックのメニューは日本のそれとは微妙に違うんです。価格は1〜3割程度安価です。昼メニューは日本よりボリュームがあります。前回も興味はあったのですが所詮マックと思い(←失礼!)店を覗くに留まったんですよね。いい機会だから覗いてみようと入ることになりました。
形式は日本と一緒。セルフサービスでドリンクを選べるタイプ。朝マックの時間帯ですが、朝メニューはほぼ一緒。違うのは、ベーグルサンドの種類が3種と豊富なことと、アメリカンMサイズでドリンクが登場したところでしょうか。

朝食後は再び木柵線に乗り、百果園に行きました。板南線も通っていてアクセスしやすい忠孝復興駅が最寄り駅です。
百果園は彼も初めて。ふたりとも初めて行く場所なのに、地図を見ようともしない私に苛立った様子が見られます。ナビの大変さを語るのみで、決して私に地図を見ろとは言いません。
いつも「言わなくてもわかって」と以心伝心を求める彼だけど、私はコトバで伝えて欲しい人。違う人間なんだからものの伝え方も違って当然だな・・・と思ったけれど、遠回しに態度で示す彼に私も少々苛立ったけど、言いたいことはわかったので半ば意地で地図を取り探し始めました・・・が、現在地すら把握できません。彼に現在地だけは教えてもらい、そこから然るべき方向に歩いたはずなのですが、なかなかない・・・大通り2本の交差点があって、そこから程近かったんですけど行き過ぎて戻って・・・でもやっと発見!!!
大通りから入った裏路地に、ひっそりと看板を掲げていた百果園は、イメージとはずいぶん違いました。一見、果物屋さん。本業は果物の卸問屋で、フルーツバーはオプション的にやっているような印象でした。スターフルーツやドラゴンフルーツなど、日本ではなかなか見かけない南の国ならではの果物の傍ら、「青森産ふじりんご」の箱が詰まれているのにはウケました。台湾って、りんごは日本から輸入してるんだ〜・・・

お目当てのメニューは季節柄取り扱っていないそう。ブドウ、バナナ、ブルーベリー、オレンジ、いちごなどがトッピングされた氷を頼みました。なぜかトマトも(笑)。果物はおいしい!けど、トッピングのビスケットみたいなのがあまりおいしくなかったです。特にお茶やジュースがあるわけでもなく、途中で喉が渇いて大変でしたが完食! 彼が頼んだ氷は、醤油風味なシロップがかかっていてハズレだと言っていました。味見すると・・・うーん確かに醤油に似てるかも(笑)
お店の人は朝から大忙し。飲食スペースは果物屋の一角にテーブルと椅子が置いてあるだけで狭く、のんびりできる雰囲気でもありません。食べ終わったらさっさと次の目的地へ。。

次に行ったのは、和昌茶荘というお茶屋さん。
ここは個人的にWEBサイトを作りたくなったのでこちらにまとめました。。

お茶の後はそごうをみて回りました。クーラー効きすぎて寒い寒い!明日に備えてストールを調達しようかなと思ったけど、あまり気に入ったものがなし。物価が安いから洋服とか安く買えるかな・・・?と思ったけど、日本のメーカー品はかえって高く、デパートでの買物はナンセンスと判断。西門までMRT板南線で移動し、お店をみて回ったりなど街中探索を楽しみました。途中オナカが空きまして、かの有名な阿宗麺線で軽く腹ごしらえをしました。ここ、よんきちさんも大絶賛していたお店ですね。味はですね、かつおダシがイイカンジに効いていてスープはとろみがあって・・・麺はそうめんよりも細い極細麺で、モツとネギとの四十奏が最高です。サイズは2サイズ。小椀NT$35(約\123)大椀NT$50(約\175)あまり食べると夜市で食べられなくなって未練が残るので、これは今日のランチみたいなもの。

その後は華西街観光夜市経由で龍山寺まで歩きます。そこそこの距離がありますが、ここに来てからというものおいしいものを食べることばかり。適度に消費しないと肥えてしまいますからね(笑)
夜市内では、マッサージのお店と怪しげなお店を覗くことが目的(笑)。ヘビやスッポンやカエルなどの生物がホルマリン漬けになっている絵を生でみて衝撃を受けました(笑)。活魚を扱うお店も多く、初めて生でスッポンを見ました。外見は亀に似てるけど、なんだか悪そう・・・変な例えですが、亀とスッポンは天使と悪魔の関係に似てるかなと思いました(笑)
マッサージのお店の前では、日本人とわかれば勧誘です。誘い文句はほぼどの店でも「肩首サービス300元」で、何度か聞くとどこでも同じことを言っているなとおかしかったです。そうこうしながらも、お店の目処をつけて龍山寺に向かいます。途中、生搾りオレンジジュースを売っているお店があって買いました。暑い中歩き回った後に飲んだオレンジはさっぱり美味でした。

さらに歩いて龍山寺到着。まずは敷地内を1周しました。至るところでお香が焚かれていてとても落ち着きます。私、お寺などに来ると必ずおみくじを引くことにしてるんです。今回も例外じゃなかったのですが、冷静に考えると中国語で運勢書かれても解読できません(笑)。結局おみくじは断念。。

地上に戻って、再び華西街観光夜市に。士林夜市とは趣が違います。暑くて体力を消耗したせいかな、彼がステーキの店で立ち止まり、おいしそうに肉にかぶりつくおじさんを凝視(笑)。それをみて無性にステーキを食べたくなったそうです。他の屋台もみて回りましたが結局そこに戻ってきました。彼は「あのおじさんと同じの!」と頼んでいました(ちなみに牛でしたが、何肉か確認している様子はなかったです(笑))。ふんわりパイ生地つきのクラムチャウダーに甘いお茶、パン少々にメインディッシュ。薄肉ですが面積は広い!!鉄板の上で焼けているステーキに2人で食いつきました。肉は大量の黒胡椒がまぶしてあり、熱さが手伝ってかなりの辛さです。サイドにマカロニのガーリックソースがけが大量にありましたが、食べているうちにこのマカロニは食べる優先順位を最下位に落とすべきと直感が働き、他のメニューを一生懸命食べました。果たして予想は的中。ボリューム満点でマカロニは半分以上手つかず。しかも辛いので喉が渇く渇く(笑)。近くにセブンイレブンの看板を見つけて、水分補給に向かいます。ビールとお茶で喉を潤しますが、しばらく辛さは残りました。。

その後は龍山寺の地下街に出向きました。

ちなみに、龍山寺駅の地下街は今年になってからできたそうです。内部は新しくキレイでした。占いエリアもあり、ここで彼との相性占いをしてもらいます。易占いがベースで、あと氏名の漢字も聞かれましたね。好きな2項目について占ってもらえます。

まずは彼から。占い師さんは唐突に「お兄さんと妹さんですか?それとも、ガールフレンド?」彼が後者だと答えます。生年を聞いて「ワカイネー」と言われて喜んでいました。
さっそく筮竹を引いて卦が決まります。コンピュータにその結果を入力すると占いの結果解説始まります。
彼は結婚運と仕事運を占ってもらいます。
結婚運は「近い将来(具体的な時期を言っていましたがあえて伏せます)にするでしょう。しかし、その結果がよくありません。お互い、相手に親切にすることを忘れないで下さい。そうすればうまくいくでしょう。」仕事運は「4月以降は順調だけど、ちょっとは苦労もします。日々努力を忘れないように」そして家族の健康運も占ってもらいました。「小さな病気はするでしょうが健康に過ごせます。」

次に私。金運と仕事運を占ってもらいました。
金運は「この人、今はお金ないね。でも将来はお金がついてくるでしょう」最初の一言で思わず笑ってしまいました。次に仕事運「順調です。でも油断しないで。努力してください」おまけで健康運を占ってもらいますと「婦人科系の小さな病気がありそうですが、小さいので大丈夫」

ひとり2項目のところ、3項目も占ってもらっちゃいました。2人一緒だからおまけしてくれたんでしょうかね。TN$500(\1750)ですから、日本よりだいぶ安いです。

占いでいい結果がでて気分よく店を出ます。マッサージのお店をみていると、通りすがりにあったのは台湾式美容エステ。店舗はエステなのにオープンスペースで、フェイシャルは施術中の様子を通行人が見ることができます。さすがにボディは個室で行うようです(笑)。いろんなメニューがあります。ネイル、フェイシャル、マッサージ、ボディなど。ちょうど店で施術を受けていた女性は、顔の産毛取りをしていました。糸と糸で産毛を絡め取って抜いていくというもの。見ていると勧誘され、彼にも勧められたのでやることに。彼にもやるよう勧めますが、隣でみているとのこと。「あいちゃん、これのお金は共同財布から出していいから、やって!」って言うの。ヒドイでしょ!!!
メイクを落とされ、おしろいを顔中に塗りたくられますが、毛を抜かれて得る痛みにかなりビビりまくりの私。「イタイ?」と店の人に聞くと「チョットダケ」と返事が。背術されてる女性も痛がっている様子はないので大丈夫かな?と思いました。
結果・・・ある部位は痛みがなく、ある部位は痛くてたまらず。ゾクゾクして暴れたいのを必死にこらえ、痛くて叫びたいのを必死にこらえ(笑)。抜かれて痛くてしかめっ面の私の様子を彼は写真に収めたりして楽しんでます。加えて見物しながらビールまで飲み出すし。彼曰く「いい酒の肴」だそうですよ。こっちは痛いのにサッ。プンプン(笑)。。。
おまけで眉も整えてもらって終了。しばらくは化粧品の成分が染み込みやすく、化粧のノリがよくなるとのこと。そして2時間はメイクしないで下さいとのこと。したいけど、普段抜かない毛を抜かれまくって顔が火照って痛いです。言われなくても当分メイクできませんってば・・・最後、おしろいだらけの顔を拭き取ってもらいましたが、ジョンソン&ジョンソン製赤ちゃんのお尻拭きで顔拭きですよ。柔肌の赤ちゃんに優しいからって、何もお尻拭きで拭かなくてもいいのにね(笑)
予定外のエステ体験ですが、確かに肌はすべすべです。ちなみにこれ、NT$250(\875)。安いって言えば安いです。激安ですね・・・

次はマッサージ。さっき歩いてきた怪しい街並の一角に発見したお店で足ツボマッサージをすることになります。例の「肩首サービス300元」と言っていたお店のひとつです。彼が2人で店に入るからと価格交渉しますが、通常NT$400のところをNT$300(ちなみに、元とNT$は同一。約\1400を約\1050)に安くしているからこれ以上は引けないとのこと。一理あるなと納得して店に入ります。
足湯で足の疲れを取ってからマッサージ。彼には女性の、私には男性のマッサージ師がつきますが「逆ならいいのに」と強く思いました。強力に足つぼを刺激されて耐えられる自信がね(笑)。部分によってかなり強烈な痛みを覚えます。耐えられず「いたっ!」と声をあげたり、痛みにうずくまっている私をみて、ふたりのマッサージ師さんは笑っていたそうです。痛みのあまり目を開けることすらままなりませんでしたが、確かに一瞬目を開けた時、目が合った男性のマッサージさんは笑っていました。。
足裏、ふくらはぎ、肩、首のマッサージをトータルで40分受けてひとりNT$300(\1050)でした。足はかなり軽くなりましたからね、これも安いんじゃないでしょうかね。

一旦ホテルに戻ってから、今度は淡水線に乗って劍澤駅に。もちろん士林夜市が目当てです。ステーキの余韻はありますが、カキオムレツにかき氷は食べたい!
カキオムレツ(NT$40/\100)を1.5コ食べてしまいました(笑)。彼はそんな私の食欲に呆れたみたい・・・
お買物に突入前、フルーツのワゴンがありました。いちごが大きくておいしそう☆1袋(スーパーの袋詰めコーナーに置いてあるロール状になってる袋くらいの大きさ)にぎっしりいちごを詰めて200元(\500)。高いと言うと、スターフルーツ・ドラゴンフルーツなどもおまけしてくれました。

満腹になった後はお買物へ。前回化粧品を買ってえらく気に入ったので、今回も買おうとショップに行きました。前回行ったTHE FACE SHOP(←韓国メーカー。MADE IN KOREAです。フォントがないと化けます)の手前に、SKIN FOODを発見!ここ、THE FACE SHOPと似た雰囲気だけど、もっと落ち着いた感じです。お店の人、日本人だとわかると近寄ってこないみたい(笑)。英語が意外に通じなくて驚いてます。。
あまり声をかけられませんでしたが、よさそうな化粧品を2種チェックして次へ。THE FACE SHOP風の化粧品店を2点めぐり、THE FACE SHOPに到着。ここ、おねえさんの勧誘がスゴイです(笑)。英語はちょっとだけ通じるんですけどカタコトだし、基本的にコドバはあまり通じません。それで肌トラブルについて大声で指摘されて不快になる一面も(笑)。お国柄の違いなのかわからないけど、遠慮を知らない人なのかしら・・・?
で、前回買った化粧品を「使ってますよ」と言っても通じず。挙句の果てにムリヤリ高い化粧品をカゴに入れられて困り果て、彼に助けを求めようと視線を送ると、だいぶ離れたところで入浴剤などをみている様子。一向に気づいてくれず(泣)。おねえさんが他のお客と話したスキを狙って商品を元の位置に戻して離れました(笑)。ひとつ、気に入ったピーリングジェルを購入して店を後にします。。

再びSKIN FOODへ。気になった化粧品を比較検討していると、やっとおねえさんと話すきっかけが。胸には"FOOD ANGEL"と書かれている!天使だぁ〜!!!コミュニケーションの一環で"Are you ANGEL??"と訊いてみようと思ったけど、化粧品の説明を聞くのに夢中で聞き忘れ(笑)レジで気づき、レジのおねえさんにも訊こうとするけどやはり忘れ(笑)(笑)、入口で石鹸のサンプルを配っていたおねえさんに訊こうと思ったけど、いざとなると恥ずかしくなってその場を去りました。。

帰り道では、彼のオススメだったたまごケーキを。屋台からいい香りがしてきて食べたくなります。ファストフード店でポテトを頼んだ時に、ポテトを入れてくれる袋があるじゃないですか。あれのLサイズよりちょっと大きめな袋に、一口サイズの焼きたてたまごケーキが10コ入ってNT$20(\70)。ホットケーキみたいなかんじのお菓子です。ちなみにシロップなどはありません。。

ドライフルーツも魅力☆でも、時間に余裕がなかったので流す程度に見ました。。
彼のお買物にもちょっと付き合いましたが、結局今回も私が化粧品店で長居して振り回したようです。ごめんね。。

駅の近くに来た時、チヂミのような焼き物に引かれます。NT$15(\53)で安くて買いました。味は悪くないですが、脂っこすぎて半分も食べれずサヨナラしました。 気を取り直して、野菜やビーフンがたっぷり詰まった饅頭(NT$20/\50)を食べて、駅に向かいました。。

すでに終電の8分前。無事戻れましたとさ。。

帰ってから即やったことは、お肌の手入れ☆
ホテルでエステサロンを開き、さっき買ったピーリングクリームを彼の顔で試してみました。
うん、とてもいい香りです。初めてピーリングクリームをした感じは?・・・「不思議。眠くなる。気持ちいい」そうです。毎日キレイに洗顔していても、汚れが残っていることに驚きを隠せない様子です。洗いあがりはすべすべしっとりもちもちして、喜んでました。。明日は全身マッサージに加えて、ふたりでフェイシャルエステも受けにいこうか。

明日は早起きして、この旅行の5大イベントのひとつがあります。
だからさっさと寝ます(-_-)zZZ
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

台湾旅行第2弾☆

行ってきちゃいました☆別名・台湾リベンジ旅行☆
今回は、私がメインプランナーです。前回得た教訓を活かしてめいいっぱい楽しんできました。以下、向こう4日分は前回の教訓を活かした事項をこの色で記していきます。
日数が少ないので、楽しみは多く。。

■18:20 成田空港発
今回はユナイテッド航空。定刻通りに空路へ。

■21:30 中正国際空港着
\10,000-ずつ両替して共同財布にチャージ。
ホテルまでバスで向かいます。

■22:10 天成大飯店到着。
チェックインします。

■22:40 士林夜市へ出発
日数が少ないので、楽しみは多く。
MRT淡水線で台北駅から約12分。劍澤駅前に広がる大きな市場は、約3ヶ月前に一度訪れたのみなのにとても懐かしく感じました。

■00:15 台北駅行き終電に乗ります。これが終電。


コンビニで必要なものを調達してホテルに戻ります。明日の予定を再確認。
早くから行動開始のため、早めに寝ます。。


※1:前回は、お金の計算が曖昧になってしまい、どこで誰がいくら払ったかをあまり把握していなかったので、精算をする際はお互いに気を遣いすぎてました。今回は共同財布を用意することにより、一緒にお金を使う場面では誰がいくら出したなどと気を遣わないようにしたかったんです。ふたりに等しくかかるものにはもちろん、多少の差額には細かいことを言わないという暗黙のルールのもと、一緒に食べたり使うものの代金を支払うのにも利用しました。財布を別とする人間がともに旅をする上では、余計な気を遣わず済んでとてもラクでした。
※2:前回は、宵っ張りの朝寝坊で時間を無駄に過ごしてしまい、できなかったことややり残したことがたくさんあって後悔しました。今回は、朝から晩まで動けるようプランニングをすることによって限られた時間を有効に使うことにしました。スケジュールに支障がないよう考えて夜は早く寝る、といったように。。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。