2006年09月04日

連休明けの胃痛

夜中、暑くてほとんど眠れず。
エアコンをかけても暑い暑い!

眠れずに起き出した時間
0230、0340
のび太並にどこでも眠れる私が、ありえない(汗)
今日1日だるそう。休んでしまおうか。一瞬そんな思いがよぎる。
けど、今期は皆勤できている。今月一杯は乗り切らねば。。


0525。恐らく父親が起き出している時間。そっと下に降りると、案の定お茶を飲みながら朝のニュースを観ていた。。

暑くて眠れないと言うと、まったく暑くないと言う。
なぜ・・・

今日1日がだるそうだから、仮眠程度でも休むと言って部屋に戻った。。

寝たか否かわからないけど、目覚ましを何度か止めた頃に母親が起こしにきた(笑)
母も弟も、暑くなかったと言う。
「エアコンつけてて何で暑いの?」
と言ってすぐ原因発見!
私の部屋は、換気扇とエアコンが同時に稼働していた。

「これじゃせっかく部屋が冷えても逃げてくじゃない」

今時の家は部屋ごとに換気扇が設置されているという。
いやうち、今時の家じゃないしぃ(笑)(笑)。。

「暑いなら、窓とドア開けて風通すとか、何で思いつかないのかしら」
「ぁぃちゃん、それ、ありえないよ」

プチ凹んだ。。

気を取り直して出かける準備。
朝食を摂りながら、起きたら朝ゴハンができている生活のありがたみを痛感した。
しかもお弁当までできている!いつも帰省の度に「つくっておいて♪」と頼んでおくハンバーグが今日のランチ。
家族って温かいなぁ。。幸せを感じる反面、しんみりしてしまった(笑)。。


母親が休みなので、駅まで送ってもらうことに。
高校生の時にバイトしていたパン屋さんが移転オープンしたのを見たくて店に行くと・・・ガーン定休日!!
昨日妹が「パン買うなら今(夕方)のうちにしなよ」って言ってたっけ。
「明日にする」って言ったけど、昨日行っときゃよかったなぁ・・・なんて思ってもすでに遅い(笑)。

電車の時間までだいぶ余裕があったので、元実家や、通ってた幼稚園とその教会と、懐かしい場所をドライブに連れてってもらった。

無邪気に騒ぐ園児をみて、「私も四半世紀前はこんなんだったんだよなぁ(笑)」と思った。。

改札を通る時に「おまえがひとりで帰ってくるのも、今回が最後だね。複雑な気分だよ」と言われて、ジーンときた。
なぜか泣きそうになったけど、やり過ごして電車に乗った。

常総線の車窓からみえる田園風景。
帰ってくる時は嬉しい懐かしい風景なのに、去るときは切ない。

実家から会社に直行すると、90分で到着。TX線の便利さに感激☆
早起き&遅帰りだけど十分通勤できる時間。でも、コナミには行けなくなるねぇ(笑)。

「通えそうだよ」って母親にメールしたら、
「結婚するまでのちょっとの間、通えば(笑)」とレスが来た(笑)
そんなこんなで大手町。エントランスを通過すると、一気に現実に引き戻される。


・・・今日は秋季定期異動の発表日・・・

うちの会社は、業種柄細かいサイクルで異動がある。早ければ半年以内。内部牽制の観点から、原則同一部署に在籍するのは5年。経過すると、人事異動の優先順位が一気にあがる。けど一気に抜けては部署が回らなくなるし、何よりここ3ヶ月で産休や退職で現場を抜けた同職層の同僚が4人。慢性的な人不足が手伝って、4年過ぎまでは実際何とかなってきたんだけど、今年はそうもいかないらしい。
私の部署は、発足5年3ヶ月。当時からのメンバーは36人。私もその一人。新居が決まって人生のプランを立てようとしているまさにこの時期、お声が掛かったらどうしよう。そう思うといてもたってもいられなくなる。出勤してから時間の流れが重く長く感じる。理由もなく胃がシクシクする(笑)

部長が誰かを探しに来ている。私はその傍をスルー。部長と目が合ってもお声は掛からない。今回はセーフ!といったところだと勝手に思い込もうとする。
その後、その36人中の先輩2人と後輩1人が立て続けに会議室に呼び出される・・・異動先、先輩2人は出向、後輩は名古屋。と言っても「明日は我が身」状態。私が転勤する可能性は1都7県+静岡・新潟・山梨・長野。いつどこへ飛ばされることやら。。

月初の月曜日。忙しさのせいで胃痛は一瞬紛れるけれど、最後の一仕事を終えた時点で胃痛が再発。こんなことを考えてました。

----------
今転勤するとデメリット発生。
●新婚生活ができない
●または、新婚早々別居
●旅行の予定が自由に組めない
●水曜ゴールデンを簡単に受けられなくなる

でもそうなったらどうしようか
●入籍の時期を早めてもらおうか
●会社のお金で今よりもいいお部屋探して特急通勤しようか
●会社辞めようか (←現実問題これはツライな・・・)
●行ってもよいと思われる他部署に今のうちに異動希望を出し、通ればあと5年猶予ができる (←後の祭りになる恐れアリ(笑))
----------

異動を拒否したら降級&減収の処分対象。

転勤防衛策の必要性を痛感した日でした。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

理不尽な制度にモノ申す!

これはグチです。疎ましいと思ったらスルーして下さい。。


朝礼で発表があった。
「契約社員は、契約更新があるので書式を提出して下さい」

毎年大変だなぁ。
面倒な手続のない契約でよかったぁ。
と思った。。

契約社員という制度ができたのはちょうど1年前。
うちの部署においては、派遣社員で勤続1年以上であれば、簡単な試験と面接で転換できる。

契約社員にもいくつか種類があって
●最初から契約社員として入社
●派遣社員として勤続期間が一定期間経って転換
●正社員としての勤務を経て転換  ←面談のみ

夕方他の忙しいチームの応援に出て帰る途中にふと掲示板に目をやると、契約更新書類の記入方法が掲示されている。それをみて、衝撃の事実を知った。
今年度中に契約社員に転換すると、基本給は正社員7年目の私より8万1千円高い!!! これは、入社10年目正社員の平均よりも高い計算

契約社員の給与については、幹部職以上に公開されていた。賞与・住宅手当・退職金はないものの、ある程度勤続期間を経た正社員よりも基本給が高く、下手すれば年収ベースでも上回る場合があるという事実を鑑みて、正社員に配慮すべきとの考えがあったとのこと。毎月いい給料をもらっていることまでは私たちも知っていたのだけれど・・・
でも、最近出た通達の中で契約社員の給与に関する事項が明示されていた。基本給は現在よりマイナス10万。世間水準との均衡を取り、情報公開を積極的に行うことになったのだろう。それでも私の初年度基本給よりも3万円も高い。ありえない。

「たくさんもらってるよな・・・」
掲示板の前で憤慨しているところを主任が通った。近くに契約社員がいないか確認。いない。
「高いですよね・・」
「俺とそんなに変わんねー」
「私も、何年後にこれだけもらえるようになるんだかわかりませんよ」
2人で苦笑&溜め息。

契約社員の場合、終身雇用の保証がないから少し高めの給与設定だという。
つっても高すぎないか? 幹部の職務代行権限をひとつも持っていない(入社5年も経てば職務権限の9割は取得可)し、責任は少ないし、業務都合によって残業を命じられることはほとんどないし。いいご身分だこと。
自分らの退職金と、ヤツらとの●年分の給与との差額とがほぼつりあう計算。それに対して何かちょっとやらかせば処分や理由書・始末書・顛末書などのリスクと背中合わせの私たち。
うちの人事は何を考えているんだろう。どうでもいいところに余計な金を使わずに、業績に貢献しているたくさんの人間に利益を還元してほしいものです。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

金融業に携わる方へ50の質問

質問と回答はこちら→
posted by あい at 02:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

人にものを教えるということ

今日から、私が教育担当する派遣社員Sさんに本格的に教えることになります。
昨日は私が休みだったので、先輩が代理で教えてくれたのですが、進捗状況についてメールが。。
あまりパソコンに慣れてないから、それで時間がかかっていると。。彼女からみるとまだまだな感じらしいです。ま、最初からそんなにできるわけじゃない、イライラするのは当たり前。と寛大に構えることにします。。

うちの仕事は、受付→与信(決裁・承認)→照合 という手順で行われるのですが、Sさんは受付、で決裁権のある社員が与信(決裁・承認)を行い、適切に行われてるか否かを確認する(照合する)のはまた別の人。社内での不正防止のため、何重にもチェックが入ります。今日は、Sさんの受付をみながらよい点悪い点を逐一チェックしては指摘し、疑問点には答えます。また決裁時は人によって着眼点や判断の根拠が異なったり、比較的個人の裁量に委ねられる部分もあります。私には私のクセがあるし、他の人もまた然り。だから、たまには決裁をあえて後輩にお願いしていろんな人のやり方を見せて学ばせました。

人にものを教えるって、すごくエネルギーが必要ですね。改めて思いました。
教育担当でひとりを任されるのは4年ぶり。「教え方はこれで合ってるかな?」とか「正しい表現をしてるかな?」というように、何かを教える度に気遣いをするので、精神的には正直疲れます(笑)。うまく伝わらないときは表現を変えてやっと伝わったり。それで「私日本語が間違ってるなぁ」「こういう言い回しはわかりにくいなぁ」と思ったり。教えることを通して学べることもあるわけです。でも、Sさんが仕事の楽しさを見いだせたり、前回できなかったことができたり忘れたところをちゃんと覚えたりした時は、彼女と同じくらい私も嬉しかったでしょう。私は教育のプロではないので、浅はかなことも言ったりやったりするはず。毎日が勉強ですね。こんな試行錯誤があと数ヶ月は続きそうです。
現部署に配属されてもう4年半。マンネリ化した日時業務の繰り返しに、大変だけど新鮮で刺激のある風が久しぶりに舞い込んできた気がします。心配の種は、私が休みの日に他の社員が代理になった時。比較的穏やかに接してる私ですが、そういう人ばかりではないのでガツンと言われた時にヘコんで辞めたりしないか。
私だけはこのコに振り回され、散々に迷惑を被ったとしても、それを正してフォローするのが仕事。最後まで付き合い、また味方でいないといけないですよね。社員への迷惑はある程度はやむを得ない、ただしお客さんに迷惑はかけるな、というスタンスのもと、伸び伸びと育ってくれるよう願ってます。。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

静かにしたたかに

私は、仕事に関しては自分にも他人にも厳しく完璧を求める。
理不尽なことを発見したら反論できないように理詰めで追い込むのは得意。

縦横の関係に関わらず、頭のいい人は着眼点を高く評価してくれるけれど、
頭の悪い人は理屈っぽいから煙たがっている、と、仲良しの後輩が言ってた(笑)
つまりは味方もいるけれど、敵をつくることも多い(笑)

勝手にすればいい。
誰からも好かれる人間になろうとは思わない。
周りのすべてを味方にしようとは思わない。

だから私は人間関係において得の少ない人間である。
わかってくれる人だけ、ついてきてくれる人だけが必要と考えている。
無駄を多数抱えるなら、迷わず少数精鋭を選ぶ。

業務態度が悪かったり仕事をしない人間には冷たい。
仕事において他人への協力は自分の仕事のように積極的。

本日は4日ぶりの出勤。
10月、部署内で実施したキャンペーンで私が1位を獲得したと発表されていた。
キャンペーンの商品は1万円分の商品券なハズ・・・
・・・商品券欲しさに頑張ったということではない。
もちろん、商品券はもらえれば嬉しい。でも所詮はその程度である。
キャンペーンの内容は、ある決まりごとを遂行してその結果云々の世界。
仕事を普通にやっていれば、誰でもそこそこの数字をあげられる内容。
私は忠実に決まりごとを守ってきただけで、別にすごいことは何もない。
それじゃ、なぜ1位を取ったのか?


それは、周囲の人間が決まりごとを遂行しなかったか(笑)


ね、私、全然すごくないでしょ??


うちの部署みたいな人事考課に大きな格差がないところで、人よりも高く評価される為には?
多く給料や賞与をもらえるには?その手段に気づいて、素直にそれを実践しただけ。

周りの多くはそれを実践していない。
しているかもしれないけれど、明らかに私のほうがしている。
周りが今抱えている仕事量や負担から目をそらし、目先の楽さだけを毎日選んでいるだけ。
私は今抱えている仕事量や負担にちょっとだけ気を配り、
かつ将来の評価をよくしてもらおうと毎日考えているだけ。

上司達は密かにその様子を監察している。

・・・まあ、会社員である故の悲しい性だこと(爆)

いろんなことに気づいたら、他人が手を抜いていても文句は言わなくなった。
ココロの中で「だからあなたの評価は低くなる」と考えるような
性悪な性格になったという言い方もできるかも(笑)

他人が手を抜いている時。
それは、自分が仕事に精を出せる機会のひとつ。
自分が高く評価される為のチャンス。
むしろ喜ぶべきことだと思えるようになった。

うちの仕事は日時業務。
毎日同じ流れて決められた仕事をして、内部牽制をして。
この「内部牽制」にあたる仕事を面倒がる人が多い。
私はそれをちょっとだけ人より多くやってみる。
それを毎日。ただそれだけ。
「内部牽制」にあたる仕事は当日か翌日に行う。
10ある仕事のうちの8が翌日に回るとしたら
私が手をつけてみれば、翌日に回るものは5程度である。
「忙しくてそこまで回らなーい!」という人はよくいるけど
私が仕事をしながら別の仕事をできているんだもん、
「回らない」じゃないよね「回そうとしない」の間違いだよね。

何度も言うけれど、決して難しいことはなにひとつない。
企業の末端で働く立場にある者として、当たり前のことばかり。

こんな簡単なことで人と差がつく今の職場では、決して仕事のやりがいはない。
けれど、簡単に自分に利益を手繰り寄せられるのであれば悪い環境ではないだろう。
保守的な性質なので、競り合うのは性に合わないから。

とはいってもちょっと疲れているらしい。
最近は頭痛薬が手放せない。

だけど大丈夫。
ポリシーは「過剰に前向きになる」なので。
「鋼のように強靭な精神力」の持ち主なので。
ストレスは溜まりにくく発散しやすいので。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。