2005年11月07日

静かにしたたかに

私は、仕事に関しては自分にも他人にも厳しく完璧を求める。
理不尽なことを発見したら反論できないように理詰めで追い込むのは得意。

縦横の関係に関わらず、頭のいい人は着眼点を高く評価してくれるけれど、
頭の悪い人は理屈っぽいから煙たがっている、と、仲良しの後輩が言ってた(笑)
つまりは味方もいるけれど、敵をつくることも多い(笑)

勝手にすればいい。
誰からも好かれる人間になろうとは思わない。
周りのすべてを味方にしようとは思わない。

だから私は人間関係において得の少ない人間である。
わかってくれる人だけ、ついてきてくれる人だけが必要と考えている。
無駄を多数抱えるなら、迷わず少数精鋭を選ぶ。

業務態度が悪かったり仕事をしない人間には冷たい。
仕事において他人への協力は自分の仕事のように積極的。

本日は4日ぶりの出勤。
10月、部署内で実施したキャンペーンで私が1位を獲得したと発表されていた。
キャンペーンの商品は1万円分の商品券なハズ・・・
・・・商品券欲しさに頑張ったということではない。
もちろん、商品券はもらえれば嬉しい。でも所詮はその程度である。
キャンペーンの内容は、ある決まりごとを遂行してその結果云々の世界。
仕事を普通にやっていれば、誰でもそこそこの数字をあげられる内容。
私は忠実に決まりごとを守ってきただけで、別にすごいことは何もない。
それじゃ、なぜ1位を取ったのか?


それは、周囲の人間が決まりごとを遂行しなかったか(笑)


ね、私、全然すごくないでしょ??


うちの部署みたいな人事考課に大きな格差がないところで、人よりも高く評価される為には?
多く給料や賞与をもらえるには?その手段に気づいて、素直にそれを実践しただけ。

周りの多くはそれを実践していない。
しているかもしれないけれど、明らかに私のほうがしている。
周りが今抱えている仕事量や負担から目をそらし、目先の楽さだけを毎日選んでいるだけ。
私は今抱えている仕事量や負担にちょっとだけ気を配り、
かつ将来の評価をよくしてもらおうと毎日考えているだけ。

上司達は密かにその様子を監察している。

・・・まあ、会社員である故の悲しい性だこと(爆)

いろんなことに気づいたら、他人が手を抜いていても文句は言わなくなった。
ココロの中で「だからあなたの評価は低くなる」と考えるような
性悪な性格になったという言い方もできるかも(笑)

他人が手を抜いている時。
それは、自分が仕事に精を出せる機会のひとつ。
自分が高く評価される為のチャンス。
むしろ喜ぶべきことだと思えるようになった。

うちの仕事は日時業務。
毎日同じ流れて決められた仕事をして、内部牽制をして。
この「内部牽制」にあたる仕事を面倒がる人が多い。
私はそれをちょっとだけ人より多くやってみる。
それを毎日。ただそれだけ。
「内部牽制」にあたる仕事は当日か翌日に行う。
10ある仕事のうちの8が翌日に回るとしたら
私が手をつけてみれば、翌日に回るものは5程度である。
「忙しくてそこまで回らなーい!」という人はよくいるけど
私が仕事をしながら別の仕事をできているんだもん、
「回らない」じゃないよね「回そうとしない」の間違いだよね。

何度も言うけれど、決して難しいことはなにひとつない。
企業の末端で働く立場にある者として、当たり前のことばかり。

こんな簡単なことで人と差がつく今の職場では、決して仕事のやりがいはない。
けれど、簡単に自分に利益を手繰り寄せられるのであれば悪い環境ではないだろう。
保守的な性質なので、競り合うのは性に合わないから。

とはいってもちょっと疲れているらしい。
最近は頭痛薬が手放せない。

だけど大丈夫。
ポリシーは「過剰に前向きになる」なので。
「鋼のように強靭な精神力」の持ち主なので。
ストレスは溜まりにくく発散しやすいので。
posted by あい at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。