2006年05月26日

本日、コナミ宛に送ったメール

※表現の一部を適切なものに改めまたは割愛しております。

件名:コナミネットのサービス拡大要望

平素より充実したサービスの提供を頂きましてありがとうございます。

今回は表記につきましてご提案事項があり、メールを送らせて頂きました。

御社ではかねてよりコナミネットの運営をされていらっしゃいますが、現在においてコナミネットの利用はドコモユーザーに制限されています。
au、vodafoneへの開放については、費用などの面から懸念する部分も多いと察しておりますが、他の会員さんからもご指摘・ご要望がありますゆえ、費用対効果の面からは有益になると思います。

2005年末現在、携帯電話の契約者累計数は9179万人で、ドコモのシェアは55%。
▼参考URL
http://www.tca.or.jp/japan/database/daisu/yymm/0604matu.html

対して、総務省の調査によると2004年インターネット利用者数は7,948万人で、人口普及率は62.3%。2006年に至っては確実に増加しているはずです。
▼参考URL
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/9530.html

調査時期に相違はございますが、上記のデータ、御社の会員数および会員が属する年代を鑑みて、コナミネットの利用をドコモユーザーに制限している現在と、パソコン利用者に開放した場合とを比較して、費用対効果の観点からどのように影響が現れるかは明白です。

したがいまして、要望は以下の通りです。
●携帯電話全キャリアのユーザーおよびパソコンユーザーに対して、コナミネットの開放を希望します。と申し上げたいところではございますが、費用対効果の面から困難であろうと察しております。つきましては、まずはドコモユーザーよりも多いパソコンユーザー向けにコナミネットを開放して頂きたいです。

御社は素晴らしい公式サイトをお持ちでいらっしゃいます。公式サイトにおけるサービス向上の一環として善処して頂きたい所存です。
posted by あい at 21:34| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エアロ・BTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、コナミ船橋店で、清算機のお金が詰まった時、裏方のスタッフが出てきました。

私は、待たされる間、暇だったので、「私も会社を経営する者として、コナミの企業努力は常々尊敬していたのだが、この清算機は頂けないね」という世間話をしたら、ものの一ヶ月もしないうちに、別の機械に入れ替わりました。偶然かも分かりませんが…。

ぁぃさんの要望も受け入れられると良いですね。
Posted by 彦一郎 at 2006年06月01日 03:19
>彦さん
そんなことがあったのですね。何でも言ってみる価値はあるということなのでしょうか。

私も過去、セゾンカウンター併設のATM利用中にコイン詰まりが発生したことがあります。カウンターの従業員は対応がわからず、あちこちに電話をして精査(ATM内現金の実査と機械上の現金の照合)するよう指示を受け、2時間近く待たされました。その日はそのせいでエアロに行けず(笑)。
「広い意味では御社と同業に携わる者として、たかがコイン詰まりで1時間はかかりすぎ。社員教育レベルの低さが伺える。私のところは入社2年目の社員が対応しても15分で完了しますよ」と言いました。
結果、現在も同じATMが稼動しております(笑)
そんなクレディセゾンの株価は、なぜかコイン詰まり発生時より2倍近い本日です(笑)。

企業努力を欠かさない企業が世間に受け入れられ、結果生き残っていく時代です。
コナミさんの企業努力、さすがです。各支店に掲示されている、お客様の要望に対する意見も真摯な回答が目立つ今日この頃です。おそらく、私の要望も遅かれ早かれ実現するのではと予測しておりますが、以下、コナミからの返信を転記します(一部省略&編集)。

----------

From:"konami-info"<xxxxxxxxxxx@konami.com>
To:xxxxxxx@xx.xxxx.net
Date:Mon, 29 May 2006 17:30:26 +0900
Subject: re:コナミネットのサービス拡大要望

●●●● ●●様

この度はコナミスポーツ&ライフのホームページに
ご意見をお寄せいただき、大変ありがとうございました。

貴重なご意見として社内に伝えさせていただきます。

皆様のご期待にお応えできますよう、様々な視点から
新たなサービスのご提供について取り組んでまいりたく存じます。

今後とも、弊社施設、サービスをご愛用賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

コナミスポーツ&ライフ お客様相談室 ○○ ○○
*********************
このメールに対する追加のお問い合わせを行う場合は、
下記のアドレスから送信してください。
(略)


----------

あまりに漠然とした事務的な返答に唖然としました。
支店に寄せられる声に対しては、どのような対策を取り、どのような効果を期待しているか、またはどのような理由で要望に沿いかねるかを、適切な言葉で具体的に表現しているものが多く、回答の内容に説得力があります。
現場の社員さんが努力をしているのにも関わらず、本部の社員が怠慢である一面を垣間見た気がしました。
うちもそうなんですけど、本部ってどこもそんなものなんですかね(笑)。。
Posted by あい at 2006年06月06日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。